マンション購入時にかかる費用について

マンションを購入する際には、段階的に様々な費用が発生します。購入費用そのものが高額になるのはもちろんのこと、それ以外にも細々とした費用がかかるため、事前にきちんと計算をして計画的に準備を進めることが必要になってきます。マンション購入の際に発生する費用について、申し込みから入居までの流れにそって説明していきます。一番最初にかかるのが、申込証拠金というものです。これは、売買を取り仕切っている不動産会社に支払います。物件を仮押さえする証拠金としての役割を果たすものです。物件によっては請求されない場合もあります。契約が成立しなかった場合には全額返金されることになります。物件ごとにその金額が異なります。

契約が成立した場合には、手付金を支払うことになります。支払い先は、不動産会社になります。その金額は、一般的には販売価格の10%となっています。これは、頭金の一部となります。仮にローンが通らなかった場合には、特約に応じて返金されることになります。また、契約手続きの書類を作る際に必要になるのが、契約印紙税です。これは、住宅ローンの契約時にも発生する費用です。引渡しの段階に入ると、頭金をはじめとして、住宅ローン借入費用、登録免許税、修繕積立基金などが必要になります。実際に引っ越す際には、引越し代金や家財道具の購入費用が必要になります。入居して実際に生活を始めたら、ローンの支払いと管理費、修繕積立金、固定資産税などが必要になります。

  • /propel.estate/mansion/shinchiku/ ・・・ 新築マンションを探すなら
  • ポータルサイト ・・・ 部屋を東京都エリアで選ぶなら
  • 7709367506 ・・・ 角部屋物件を住みたい駅から今すぐ探すなら